印刷の進化スキャナーと3Dプリンターについて

印刷マニア

ニューエントリー

概要

スキャナーとは、走査という動作を行うこと…

進化

3Dプリンターは今までのプリンターとは全…

複製

コピー機とは、オフィスなどで活用される機…

歴史

history

現代印刷の歴史は、16世紀にドイツのグーテンベルクの発明により始まる。
「金属活版印刷機」というのものが、彼の春名品である。
言うなれば、文章スタンプを並び替えることが可能で様々な文書をプリント可能な印刷機である。
彼以前、二冊以上存在する書物は全て「写本」というものであった。
これは、本の内容を手書きでコピーするという作業が要求され、コスト、時間がとてもかかるものであった。
そのため、書物は特権階級のみのものであり、特に聖書は教会や聖職者のみが持っているものだった。
しかし、グーテンベルクの発明以降、書物は爆発的に増加した。
ある調査によると、グーテンベルク以前は1億冊の書物がヨーロッパには存在したが、以降10年程度で、その数は20億冊にも登ったというデータもある。
現代ではグーテンベルクの発明がキリスト教社会最大の発明だとされている。
グーテンベルク以降に聖書の研究が進み、宗教革命が起きたため、このように言われている。

日本

日本に於ける、印刷の歴史はヨーロッパよりもずっと古い。
世界最古の印刷物は日本に残されている、百万塔陀羅尼(ひゃくまんとうだらに)というものである。
内容は、陀羅尼(だらに)という仏教の呪文を記したもので、8世紀の作品であるとされる。
しかし、その後日本では目立った発展は見えなかった。
木版印刷が定着した、江戸時代後期においても写本の割合は高かった。
これは、日本が当時、世界でも有数の識字率の高さを誇っていたために怒った減少だと考えられている。

現代

now

現代でも、様々な形の印刷機が登場しているが、中でもプリンター&スキャナーという形は、現代の大きな発明だ。
紙に書いてある情報を、コンピューターデータ化し、そのままトレースしてプリントアウトをすることが出来るのだ。
いうなれば、現代はデジタル化時代である。
その中で、データ化された情報は非常に重要なものである。
最新のプリンターはこのプリンター&スキャナーという仕組みをより進化させたのである。
データを2Dから3D化することに成功し、今では3Dプリンターは市販されているほどである。


イチオシリンク

大判出力を利用して大きなポスターなどを作りましょう。ライブや応援などに最適で多くの方が利用しているんです。

ニュース

2013/10/15
概要を更新しました
2013/10/15
進化を更新しました
2014/03/31
複製を更新しました

ピックアップコンテンツ

概要

scan

スキャナーとは、走査という動作を行うことで、媒体に描かれた情報をデータ…

進化

creat

3Dプリンターは今までのプリンターとは全く違う「物品の作成が可能」とい…